2005年10月03日

初めてのレース、第30回札幌マラソンを走る

17-10-03 039.JPG

10月2日(日)。
札幌は快晴とまではいかないけど、スタートを待つ間にじわじわと青空が。
しかもさぞ涼しいことかと期待していたのに、マジで暑い・・

痛めていた膝は前日くらいからやっとこさ良くなったかな〜という具合。
もうここまで来たら、どうなるかは走ってみなくちゃ分からない。
でも、生足で走るのはどう考えても危険なので、インドメタシン3%入のシップを貼り、
膝の周りを囲むように筋肉に沿ってがっちりテーピングする。
とにかくびっこをひく程の痛みが出なければ、なんとか走れるだろう。

11:35分、花火がポンポーンと打ちあがりスタート〜!

練習の時と同じように仲間達は流れに乗って前方に。
私もいつも通りのゆるゆるペース(一番びり笑。。)で走り出す。

スタートから300m
あ、、左膝のいつもの場所が痛い。。。
やっぱりか。でも予想はしていたので、とにかく足をまっすぐ前に出すこと、
ない腹筋に力を入れて笑、なるだけ足に体重をかけないように。ということだけを考えて走る。

真駒内の木々の中を通り過ぎると、そこからは一般道。
ここから集団がどんどんばらけ始める。
後ろからシニアの大群が来て、どんどん追い抜いていくのはいいんだけど、、
あーのーーーひじがぶつかったりしてるんですけど・・・
この辺りから、沿道で旗を振って応援してくれる人がちらほら。

2〜3Km行ったところで、豊平川沿いのコースに入る。
とにかくひたすらタラタラといく。
4Kmすぎに給水所。止まりたくないし喉も渇いてないのでのでパス。

5Kmくらいのところで、スタート待ちの時皆ですごいね〜なんて噂してた80歳台くらいの
おばあちゃんが目に前にいるのに気付く。
なかなか抜かせないので、自分の速度はあのくらいなんだ〜。。と思い愕然とする。
私の目からするとおばあちゃんの速度はほぼ強歩くらい。うむむむむ。
しかし、おばあちゃん元気も元気。きっと地元では有名人なんだろう。
「○○さん、30回おめでとう!」だの、あちこちからがんばって!声援が飛ぶ。
その度に、誰よりも大きく甲高い声で「は〜〜〜い」と返事をする。(たまには手もあげる)
背中なんか曲がちゃってるんだけど、しっかりした足取りだし、
後ろを走ってるこちらがはずかしくなるくらいだ。

でこれはイカンと思い、スタート地点である真駒内エリアに再び戻る直前まずおばあちゃんを抜く笑。
この頃、だんだんマヒしてきたのか脳からアドレナリンが出て痛みが和らいだのか分からないけど、
膝がふっと軽くなったように感じた。
「いける、行こう!!」そう思った瞬間重かった足に加速がついた。
自分でも不思議だった。
よく走ってた20代前半の頃から十数年。今大会に出るために練習を始めたものの、
とりあえず10Km走ることだけが目標なので、一度も負荷をかけて走っていなかった。
ずっと力8分目で走らなければ、絶対もたない。と思いこんでいたから。

17-10-03 017.JPG7Kmすぎ
このあと3Kmが一番きつい。
さらにゴールであるスタジアムに入るまで、ラストはアップダウンが続くコースなのだ。
この3Kmを、ここ十数年一度も走ったことのないスピード(あくまでも自分の基準値のことで、他から見たら全然全く早くない笑・・)で走り続けた。
レースに出る前は10Km完走できればそれでOKと思っていたのに、
突然スイッチが入った自分が可笑しかった。


喉は渇いてなかったけど、最後の給水場でスポーツドリンクをもらう。
TVで見るマラソン選手をマネてただ走りながら飲んでみたかっただけなんだけど、
「緊張のあまり手がぶるぶる震えて、グラスが持てない人のコント」みたいな状態で、
口元にコップを寄せるのも無理。案の定、こぼした。鼻に入れなかっただけましか笑。
皆なんでそんなに余裕で飲めるのか??

いけると思った瞬間から、「余力0(ゼロ)でゴールに飛び込むぞ〜〜」と闘志が湧いてきたのは、
きっと(着ていたTシャツを見て)「I黒ハートNY、がんばって〜」と言ってくれたおばちゃんや、
沿道にずら〜と並んでハイタッチしてしてくれたちびっ子たち、その他声援のおかげだ。
そう考えるとレースの魔力ってすごい。
それと一人で走ってたら、こうはいかないだろうなー。
ラスト1Kmの時なんて、ダッシュ力に定評のあるHさんにいつ抜かれるかとヒヤヒヤしながら
走ってたし笑・・。
でも抜かれたら、抜き返す力はもう出ないなとも感じていたので、マラソンはやっぱり心理戦?
一緒に走る仲間がいなかったら、確実にこんな経験はできなかった(参加することも含めて)。
皆でワイワイしながら旅もできたし、楽しかったー。ほんとありがとう!!

17-10-03 037.JPG 17-10-03 010.JPG

17-10-03 023.JPG
posted by みみいこ at 23:57| Comment(13) | TrackBack(4) | Love Body | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。膝の具合はどうですか?
楽しく走れたようでよかったです。
Posted by oshi at 2005年10月04日 00:57
お疲れ様でした。力もらっちゃった感じ。闘志か〜。みいこさん、眩しいっす。
Posted by hagidas at 2005年10月04日 01:35
お疲れ様でした。どこも痛くないのに遅い私って…(笑)
あのおばあちゃん、すごいですよねー。万が一あの方より後ろだったらどうしようってそれだけ目標に走りましたよ、私。
膝お大事に。また楽しく行きたいなぁ。
Posted by むさじん at 2005年10月04日 07:44
膝、大丈夫で良かったですね。
後半スパートするなんて・・・。すごいです。
また来年もみんなで来てください。
Posted by こうめ at 2005年10月04日 07:47
oshiさん
終わってみて、膝の具合もっと悪くなるんじゃないかと思ってましたが、案外大丈夫でした。ようやくバンテリン効果が出たかな笑?よくマッサージとストレッチをすれば自然に直りそうな感じです。
次回はoshiさんも参戦でしょうか〜笑♪楽しみです。

hagiさん
師匠〜どうも。いつかはhagiさんやまっちさんのような、綺麗な筋肉のついた足になりたいなー。(無理かな)闘志に火がついても体いっぱいいっぱいだったのが悔しいです笑!
次はNYマラソン組ですね。いい走り期待してます♪

むさじんさん
お疲れさまでした!それと楽しかったね。
私もあのおばあちゃんにはかなり勇気を貰いました。もう○○才だから・・なんて言ってられないなと笑。お互いがんばりましょう。また一緒に走ってくださいね〜♪

こうめさん
有難うございます。
自分でも膝がもったのが不思議でなりません。でも今回初めて走ってみてやっぱり気持ちの持ち方は大事だなーと思いました。
後半のスパートは、前半大事に大事にいったからパワーが出ただけですが笑。。
来年もまた行きたいです〜♪その時はこうめさんにもぜひお会いしたいです!
Posted by みいこ at 2005年10月04日 20:21
お疲れ様でした〜。
最後ぴったりと後ろまで追いついたんですが、スパートをかけるの早すぎたためにあと一歩追いつけませんでした。
最後の坂道走りきったみいこさんみて、抜かせないや〜って思いました。
お互い膝のケアしっかりしましょうね。
Posted by ひまわり2 at 2005年10月04日 22:15
お疲れ様でした!
>「I love NY、がんばって〜」
これいいですね〜。札幌の人たちの優しさに一杯触れたレースでもありましたよね。
みんながレースならではの力を発揮しているのに、私はいつも通りを目標にしすぎて、イマイチ闘志が足りなかったかな〜。来年はもっと燃えますよ〜(笑)。またよろしくお願いします。お誕生日会も盛大にやりましょう!
Posted by Fumiko at 2005年10月04日 22:18
競技場に帰ってきたときにはホントに余力ゼロ状態だったよね・・それだけ闘志がついて頑張ったってことか。最初から闘志メラメラだったらどんなことになってたんだろう・・。負けないようにがんばります!お疲れさまでしたー。
Posted by nana at 2005年10月05日 00:05
ひまわり2さん
最後の坂道、ほんときつかったですねー。気配はずっと感じてたんですが、並ばれたら絶対負けちゃうし必死でした笑。ひまわりさんも膝お大事に。次回はお互い万全で臨みたいですね!

Fumikoさん
>札幌の人たちの優しさに一杯触れたレースでもありましたよね。
そうそう、なんとなくみんな人懐っこいというか。。札幌気に入ってしまいました。燃えるFumikoさんいいな〜♪でもゴール直後「悔しいっ〜!」って叫んでたFumikoさんすてきだったし十分に燃えてましたよ笑。ぜひまた一緒に走ってね。

nana隊長〜
思えば全てはnanaさんから始まった笑。
これからもよろしくお願いしますね♪
>競技場に帰ってきたときにはホントに余力ゼロ状態だったよね・・
わはは(苦笑)。。
苦しくても涼しげに走ろうと思ったけど、無理でした。今後の課題にします笑。スマイルも忘れた・・・
多分追いつけないけど、私もがんばります!
Posted by みいこ at 2005年10月05日 22:08
改めてお疲れ様〜!完走おめでとうございました。
あの苦しさとそして爽快感がわかるから、札幌遠征チームに同行できなかったのが悔しいです(笑)
Posted by Monta at 2005年10月05日 23:10
Montaさん、ありがとう!
Montaさんがいたら、きっと前方2人のデッドヒートに加わっていたことでしょうねー。
ぜひ一緒に走りたいです。って私は後ろのほうで頑張らせていただきます笑。
苦しさと爽快感、このセットやみつきになりますね。
Posted by みいこ at 2005年10月05日 23:43
おつかれさまでーす♪
お天気でよかったですね〜
楽しそうだな〜そして、良い感じで疲れそうです。爽快感をこのごろ味わってないので、うらやましいです。
Posted by yuriko at 2005年10月06日 10:43
yurikoさん
有難うございます〜〜♪天気予報はイマイチだったんですが、晴れ女が揃ってしまったみたいで・・不必要なくらい晴れてしまいました笑。でも観光には最高でした!
>爽快感をこのごろ味わってないので、うらやましいです。
おや?yurikoさんも走りたくなってきた?笑。ぜひ一緒においしいビール飲みましょう♪
Posted by みいこ at 2005年10月06日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7656727

この記事へのトラックバック

2度目の10キロを振り返る
Excerpt: 朝5時に目が覚めると綺麗な朝焼け。足はどう?立ち上がってみると違和感はあるけれど痛みはない。腫れてもいない。よかった・・。安心して1時間ほど寝る。レースは11時35分スタート。朝は普通にちゃんと食べよ..
Weblog: Monologue~Sentimental Heart
Tracked: 2005-10-04 00:08

完走できました!
Excerpt: 時差ボケもNYマラソン走る皆さんに比べりゃ大したことはないだろうと旅行直後のレースにもかかわらずエントリーした北海道マラソン10km、あきらかに練習不足な私ですらなんとか完走できました!とにかくスター..
Weblog: むさじん別室
Tracked: 2005-10-04 07:39

札幌マラソン完走までの詳細記録
Excerpt: 記念すべき初レース。距離と場所の記憶がかなりあいまいですが、詳細に記録を残しておきます。 ■スタート前 応援スタンドに集合。記念写真撮ったり、ストレッチしたり、ホテルの朝ごはんで作ったハムサン..
Weblog: 212.com
Tracked: 2005-10-04 22:12

札幌マラソン終了
Excerpt: 走ってきました札幌マラソン。一緒に行った女性チームも全員無事完走しました。よかっ
Weblog: はしるやせる
Tracked: 2005-10-05 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。