2005年09月24日

「チャーリーとチョコレート工場」観ました

Charlie and the Chocolate Factory [Original Motion Picture Soundtrack]予備知識なしで観たので、まずチャーリーはジョニー・デップのことじゃなかったのか!と・・笑
こんな単純明快なお話を、エンターテイメントに仕上げてしまうティム・バートン監督。
すごいです。そしてジョニー・デップは、いつ見ても美しいです・・。
あのオカッパ頭が似合う人はそうそういません笑。
特に今回のウィリー・ウォンカという人物は、複雑な内面を持ち、でもお茶目でドジなかわいい部分もありどこか浮世離れしていなくてはいけませんからやっぱり美しくないとね。。


こういう多面的で繊細な役を完全に自分のものにして魅力的に演じてしまう懐の深さ、
本当に素晴らしいの一言です!!!!
以前からジョニー・デップは好きでしたが、ますますファンになってしまいました。


*以下ネタばれを含みます*

一見ディズニーランドのアトラクションを思い出させるファンタジックな映像でしたが、
ティム・バートンらしいエッセンスが散りばめられて、どこか心にひっかかるんですよね。
特にささくれだった部分に。
チャーリーと家族が住む傾いた家や、その周辺の街並みとかに灯りがともる様子、ハロウィンの日・・
夜の感じがすごくいいんですね〜。見ているだけで心が温かくなります。
子供達が、チョコレート工場に招待された時の出迎えのシーンなども面白かったなー。
人形が破壊される映像って絵づら的にかなりショキングだと思うんですが、あえてやった理由が??で、、
調べてみるとバートン監督はDLの「イッツ・ア・スモールワールド」がお嫌いらしい。。
うーん、なんとなく分かるような。
チャーリーの祖父母らが、一つのベットの上で(しかも向かい合わせで!)
生活のほとんどを営んでるという設定も、なんだかものすごい面白ツボでした。
上手くいえないけど、バートン監督分かってるなーーという感じ。
(なんてちょっと偉そうに言っちゃいました^^;)
極めつけは、ウンパ・ルンパ!
私の目には「せんだみつお」と映ったのですが笑、馬鹿馬鹿しさがシュールで最高です。
あのへんてこな踊りを、立ち上がって一緒にやりたかった♪

ジョニー・デップ演ずるウィリー・ウォンカはとにかく面白く興味深い人物。
一言では言い表せないけど、ひとつ思い出したのが、
工場に招待された子供についてきた親(会社社長でいけすかない金持ちおやじ)が、名刺を差し出すシーン。
「何これ?」と間髪入れずぽいっと投げ捨てた後「変なの」と言うんですが、この台詞っていい〜♪
&ちょっとスカっとした笑。
だって子供からみた大人の世界って「変なの」って思うことばかりだろうなーと。
(ウィリーは大人だけど、心は子供のまま)
それは意味など分からなくても、直感的(本能的?)に感じるから「変なの」になるんですよね、きっと。
子供って面白い!「変なの」今後使わせていただこう笑。

あと出演してると知らなくてびっくりしたのが、クリストファー・リー!!
もうどうやっても『ドゥークー伯爵』にしか見えない。。これがSWの呪いですかね笑。

大人になるとつい頭でっかちになり、物事を複雑にしたがったり駆け引きや思惑で
かえってわけ分からん状態になりがちですが、この映画を観て「家族愛」なんて恥ずかしい
言葉も素直に心に入ってきたし、なにより優しい気持ちになりました。
すぐに変われなくても、何かの折にふとこの気持ちを思い出だせればいいなーと思います。

「チャーリーとチョコレート工場」★★★★
監督/ティム・バートン
主演/ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア・・ 
原作/ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」
posted by みみいこ at 00:53| Comment(6) | TrackBack(2) | Love movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
只今、帰宅したところです。
みいこさんも絶賛、星4つですね。
本当に久々に面白かったです。
「ウンパ・ルンパ」皆で踊れば楽しそう。
Posted by oshi at 2005年09月25日 01:09
oshiさん
お疲れのところ有難うございます。
今日渋谷のブリスターというフィギュアやさんに行ったら、チャーリーとチョコレート工場のグッズも結構あって・・ウンパ・ルンパの首振り人形を買おうかどうか悩みました笑。ちょっと不気味な感じがグーでした♪ウォンカチョコのクッションも可愛かったよ〜(って男性に言ってもしょうがないか笑)
>「ウンパ・ルンパ」皆で踊れば楽しそう
楽しそう!!あの歌もよかったですね。
Posted by みいこ at 2005年09月25日 18:49
ウンパ・ルンパかわいいですよねー。 たしかに皆で踊ったら楽しいだろうなぁー…
もう工場シーン楽しすぎです。
やっぱ、みいこさんも最高評価だったんだー、見終えたあとじんわりきました、もう1回くらいは見に行かなくては。
Posted by at 2005年09月26日 07:54
TB有難うございます。(Mさんであってますよね?)
今回ウンパ・ルンパおいしすぎですよね〜〜!いったい何役やってたんだろう。。(あ、首振り人形いかがですか笑?)
私も見終えたあとのじんわり感が結構持続してました。
Posted by みいこ at 2005年09月26日 22:36
今ごろすいません。(^-^;)
昔のDVDを同じ日に見て、見比べました。笑
昔のものも、おじいちゃんとおばあちゃんが同じベットで向き合って寝てます。笑
お父さんがいない設定なので、ちょっと違いますが、昔のもひねってあって面白かったです。フィギィアやさん、行きたいです♪笑
Posted by yuriko at 2005年10月06日 10:42
yurikoさん
>昔のDVDを同じ日に見て、見比べました。
わ、それはいいかも!
昔同じ映画があったこと、実は最近になって、ダンナがビデオ屋にあったよ〜と言うので知ったのでした笑。ってことはおじいちゃんとおばあちゃんが同じベットで向き合って寝てる、というはティム・バートンの演出じゃないのか・・原作がそうだってことかな?面白い〜♪昔のも観てみます!
フィギィアやさん、渋谷の公園通りの一等地にあるので、すぐわかりますよ〜。(結構最近に出来たんじゃないかな)フィギィア見てるだけでも楽しいよねー。
Posted by みいこ at 2005年10月06日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7246282

この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: 「チャーリーとチョコレート工場」観てきました。 ジョニー・デップ フレディー・ハイモア ヘレナ・ボナム=カーター ティム・バートン&ジョニー・デップやってくれちゃいました。 もう最高..
Weblog: ENTERTAINMENT
Tracked: 2005-09-25 01:05

お金じゃ買えないものもある!
Excerpt: プライスレス! あのコマーシャルのコピーが頭の中グルグル。 ネタバレになっちゃうけど「家族」が暖かくていいな。 おじいちゃん、おばあちゃんが最高に暖かくていい感じ。 私にはウンパルンパがツボだ..
Weblog: むさじんの部屋
Tracked: 2005-09-26 07:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。