2005年08月23日

旅好き、猫好きに

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなしなんとまあ、タイトルからして魅力的です。
猫を飼っていたことのある人なら分かると思いますが、猫と一緒に旅行?ましてや海外なんて・・考えたこともないという人がほどんどでしょう。

でも実際軽々とやってのけた人がいたんですねー。
かんどーです。
また飛行機の機内(座席)に猫持ち込みOKとは、、調べれば分かることなのにそんなこと知ろうと思ったこともなかったな〜・・
ちなみにヨーロッパ系のエアラインは重量制限はあるもののほぼOK。
ANAなどは、1フライトにつき1頭という制限があるので、乗りたい便に先着がいる場合別の便に変更しないといけないみたいだけど。(盲導犬などがいる場合はそちらが優先だそう)
アジア系になると、またちょっと対応が異なるようです。

それにしても空港でバックの中からちょこんと顔を出してる、黒猫のノロちゃん。
それと座席から窓の外を見ている時の後頭部なんか、かわいすぎです!
飛行機の中に猫がいる情景なんて、なんだか夢を見ているようで不思議な気分。



作者でありノロちゃんの飼い主でもある平松謙三さんいわく、元々適応性がある猫なら子猫の頃からの訓練次第では猫と旅行に行くのはそんなに難しいことじゃないということですが。。
まず、リードを嫌がらずにつけてくれるかということに関しては、以前家で飼っていた猫は、(子猫の時でしたが)嫌がって全くだめでした。
ソマリの雌だったので元々の気性が神経質ぎみ、活発で自由にしていたいタイプだったのでそういう猫には無理かも。。動物って個体差がかなりあると思いますが、どちらかというと猫は雄のほうがのんびりしている気がします。
しかもノロちゃん、トイレしたい時は鳴いて知らせるのだとか?!すばらしい・・。実は犬では笑?
日頃から猫のことをよく観察してること、そしてなにより飼い主がゆったりと構えていることが大事なんだなーとつくづく思いました。
しかし、平松さん30年間?猫嫌いだったそうな笑。そんな人をとりこにしちゃうなんて、猫ってすごいな。

未踏の地であるヨーロッパですが、この本を読んだら無性に行きたくなった!
アメリカの雑貨も好きですが、やっぱりヨーロッパのデザインはすごいです。
街並みもそうですが、車から日用雑貨にいたるまで。。
一度そのデザインの洪水におぼれてみたいなーと思わせるほど、
平松さんの選択眼によって素晴らしい本に仕上がってます。
WEB上で本が読めるようになっても、やっぱり紙にしか出せない雰囲気ってありますね。
だから本を買うのがやめられないのかも。
どこにも行けない夏だったけど、、この本を読んで、ひとときいい旅ができました。


*平松謙三さんのサイトhttp://vagaair.com/index.php3

*ノロちゃんの旅はその後も続いてるようでhttp://hortensia-azul.com/news.php3
posted by みみいこ at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | Love Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アタシも読んだ〜ミラクル〜獣医さん行くのも一苦労の我が家からは想像つかない・・・
猫を飼ったことがない人にはわからないと思うけど、リ−ドをつけて歩くって超常現象!
ってぐらいすごい事ですよね。いいな-日本から遠く離れても布団の中にはウチの猫・・・いいな-
夏バテなんだかウチの猫が全員体調崩してて気が重いです・・・
Posted by なる at 2005年08月24日 09:50
GWの帰国便でバスケットに猫(バスケット入り)が隣席だったんですよー。離陸と着陸時だけは荷物棚か前席の下にいれなくてはいけないみたいだけどあとは膝の上に乗っけてOKみたい。
でも籠から出してはいけないらしく籠の中でニューニャー泣いててもどうすることもできずチョッと可哀想でした。しかもリードかー…犬も大変だけど、猫と旅するってもっと大変なんですね。
海外だとペットOKの宿って多いから一緒に飛行機に乗れたらいいんだけどなー
Posted by むさじん at 2005年08月24日 17:35
なるさん
やっぱり読みましたか〜♪
リードをつけて一緒に歩けるなんて夢のようですよね〜。私もこの時を逃したらもう無理だと思ってまだ子猫の時分に一度挑戦しましたけど、簡単に紐をすり抜けてしまって話になりませんでした笑!何されてるか分かってないくらいぼーっとした気性でないと難しいかなー。でも平松さんは「それって猫としてはどうかと思う・・」っておっしゃってましたね笑。
あと、ますます黒猫いいなーって。。
最近少しずつ涼しくなってるので、夏バテもよくなるといいですね。全員ということは、みんな仲良しなんですな〜きっと。

むさじんさん
>GWの帰国便でバスケットに猫(バスケット入り)が隣席だったんですよー。
ひゃ〜すごいラッキーーー。(ってそうでもない笑?)むさじんさんは海外での面白い体験談多いですよね♪
そうそう、籠からは出してはいけないみたいですね、ノロちゃんが機内で頭出してる写真があるのですが、ごはんか給水の時だったようです。猫と旅なんて、、最初はまず疑ってかかるくらい笑、すぐには信じられないです。帰省の際田舎につれていく人の話くらいは聞いたことがありましたが。。
今度飛行機に乗るときは、キャリーバックを探してしまいそう♪
Posted by みいこ at 2005年08月25日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。