2005年07月24日

赤坂 オステルリー・スズキ

赤坂TBS近くにある、気軽なフレンチのお店。
初夏のNYでおいしいものを食べてこられたばかりのBさんと、ランチ食べ歩き王(すみません勝手に命名^^;)で舌の肥えたTさんとの会食とあって、お店選びも緊張してしまいます。。
ネットで検索などしていたら、ここがなんとなくよさそうな感じだったのでどんなもんかな〜?と思いつつTRY。
初めて行く店って、ランチがあればまずランチに行ってみて良かったらディナーに。というのが安全策だと思うけど、、しかし結果はかなり当り〜♪
またまたダイエットを忘れてがっつり食べてしまいました。
(この週はジムもいけなかったし、まずいな・・・はは笑)

17-07-24 003.JPG食前にヴァン・ムスー。
ムスーとは”泡”という意味で、シャンパーニュ以外で作られた発泡酒のことをフランスでは「ヴァン・ムスー」と呼ぶのだそうです。
シャンパーニュという名前が付いただけでお高くなってしまうので、日常で飲むのならヴァン・ムスーや、スペインのカヴァなどでも十分おいしいと思います。


17-07-24 004.JPG 17-07-24 005.JPG

17-07-24 006.JPG 17-07-24 007.JPG

17-07-24 009.JPG 17-07-24 011.JPG


こちらのフレンチは、フランスブルゴーニュ地方の郷土料理をベースにしていて、
どっしりと重量感があるのが特徴みたい。
ほんと最後にはかなりお腹がいっぱいでした。
また店名にもなっているシェフ、鈴木さんはブルゴーニュ地方の3つ星レストラン「ラ コート ドール」で修行後、江戸川区平井のフレンチレストラン「コバヤシ」(行ったことはないけど、おいしいという噂をよく耳にしてた店だわ♪)
でサービスを学ばれたあと99年にこちらのお店をオープンされたのだそう。

全般的にお料理がおいしいし、コストパフォーマンスも良いと思います。
食前酒の時には「エスカルゴが入ったプチシュー」、
前菜のあとに「スズキの尾の部分のから揚げ(骨まで柔らかい)」、
デザートとコーヒーのあと、さらに「カモミールティと、カラメルみたいな小さなお菓子」。
・・これらがメニューとは別にでてきたのにはびっくり。。
というかこういう心使いってすごく嬉しい。
特に、コーヒーカップが空になってもおしゃべりに花が咲くなんてことはよくあるわけで、そんな時にハーブティなんか出された日には「おーこの店やるなぁ〜」と感心してしまいますよね。
それとパンにつけるのは、なんとバターではなく!マッシュポテトというよりもっと家庭的な感じのもので、
これをローズマリーが練りこんであるパンにのせて食べました。
こういうのってフランスの田園地方のお家で出てきそう〜♪
鈴木シェフはもちろんスタッフの対応も温かくて、好印象。

この日食べたものは、(プリフィックスメニューより)

オードブル・「スコットランド産サーモンのマリネ ディルの香り」
       サーモンはほど良い油の乗り具合、そしてやっぱりサーモンにはディルです!
       ディルのさわやかな香りが鼻に抜けるとさらにおいしさ倍増です。

お魚料理・「スズキのポアレ ムール貝のソース」 
       スズキは皮がかりっと焼けていて臭みが全然なくておいしかった。     
       付け合せのサフランのリゾットが、あっさりした白身魚にはいいアクセント。
       「ラ コート ドール」で、シェフ ド ポワソン(魚料理担当の料理長)
       だったという経歴から、やっぱりお魚系が得意なのかもしれません。
       ムール貝をベースにしたソースなんて初めてで感動だったし、
       もっと色々お魚料理を食べてみたいと思いました。

お肉料理・「ホロホロ鳥のロースト ピューレダイユ パセリのソース」
       ピューレダイユというのは、にんにくをつかったものという意味らしいです。
       どちらかというと、味は鴨のコンフィに似ていると思いましたが・・。
       鳥といえど結構しっかりとした味付けだったので、
       軽めの赤ワインに合いそうな感じ。

デザート・「デザートの3種盛り合わせ」      
       ・アルマニャックのブランマンジェ
       ・プラムのフィナンシェ
       ・グレープフルーツゼリー
      (もし同席者みんなが3種盛り合わせを頼んだら、全部違う盛り合わせに
       してくれるようです。こういう心使いができる店は素晴らしい)
       フィナンシェというか、屋台で売ってる卵カステラ?のような歯ざわりの
       生地で素朴な風合い。懐かしい味で好み。
       酸味があるさっぱりとしたグレープフルーツゼリーを入れるところも
       バランスが楽しめてGOOD!
       食後のコーヒーはエスプレッソで。

あ〜おいしかった!これで、¥4,725(税込)。
もう少しダイエットが進んだら、、ご褒美にまた行きたいな♪

『オステルリー・スズキ』
東京都港区赤坂5−4−17 前田ビルB1
地下鉄千代田線赤坂駅7番出口 徒歩 2分
地下鉄赤坂見附駅       徒歩10分
http://www.hos-suzuki.com/index.html
posted by みみいこ at 22:17| Comment(5) | TrackBack(0) | そとでごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行く行く〜。会社から徒歩圏じゃん。って、誰と行くんだ?カミサンと行くには遠いか。会社の人とは行かないしなあ・・・。でも、いいお店をありがとうございます♪どっしりフレンチはきついかな〜。
Posted by まっち at 2005年07月24日 23:07
まっちさん
うちの会社からも徒歩圏内で〜す。やっぱり同じエリアでしたか!
じゃあ・・次回居残りの会かなにかで行くという案はいかがでしょ笑♪
>どっしりフレンチはきついかな〜。
代謝がよさそうなまっちさんなら、全然OKですよーきっと。ここソースもしつこくないのがいいです。(バターたっぷりという感じではないので)
Posted by みいこ at 2005年07月25日 00:48
どっしりフレンチ食べてないな〜。
「ピューレダイユ」勉強になりました〜
デザートもばっちりでいいですね♪
Posted by yuriko at 2005年07月27日 13:18
ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
どうやら遅れて行ったのが功を奏したよう。(申し訳もございません)

C級寄りのB級グルメ専門の私と致しましては、ハナマルA級グルメのこの店をチョイスしたみいこさんのさすがのセンスの良さに感服致しましたわ。

プチシューやら、スズキのアラのフライやら、ハーブティーにメレンゲやら、アミューズが色々出てきたのは嬉しくて、ビックリでした。そんな心遣いも楽しかったですね。

アミューズのサービスの際、「これはタダなんですか?」と聞いた貧乏人(もちろん私)に同行者は顔を赤らめていたことでしょう。(重ね重ね大変失礼。。。)

先週の月曜日帰国で、金曜日は実は疲れきっておりまして、ご馳走を食べて別れた後、電車で爆睡してしまいました。。。

そういえば、例の中尊寺さんの件、お話するのを忘れてしまいましたわね。。
Posted by Blue at 2005年07月27日 20:53
yurikoさん
ピューレダイユもですが、他のメニューでも「これなんですか〜?」と聞かなければ分からないのが結構ありました笑。
どっしりフレンチもたまにはいいですね〜♪お腹も気分も満足満足って感じ。

Blueさん
こちらこそ先日は有難うございました。
実はここネットでの口コミ評価が結構よかったんですよ〜。飛び込みで入って当り!という経験があまりないので(そういうの鼻がきく人っていますよね〜)、調べておいてよかったです♪

>金曜日は実は疲れきっておりまして
うわ〜確かにそうですよね。帰国してすぐお仕事で、どっと疲れが出る頃でしょう。乗り過ごしたりしていないといいのですが・・。
あ、そうそう中尊寺さんの話!聞きたかったのにな〜言われるまですっかり忘れてました^^;
Posted by みいこ at 2005年07月28日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。