2005年04月16日

ひきつづき春野菜の日々。

LY 079.jpg LY 082.jpg

LY 087.jpg

この間初めて食べた「コウサイタイ(紅菜苔)」という春野菜をもう一度食べたいなーと思っていろんなスーパーを覗いてみるが、やはり近所で置いている店はないみたい。
あーこのまま時期が終わってしまいそう・・。

その代わり、ずっと探していた野ふき(山ふきとも言う)を見つけた。ニンマリ〜^^
この野性のふきといわれるものは、写真でしか見たことがないのだが、普通のより茎の部分が細く上のほうに葉っぱがついている。うーん写真通りだ、間違いない♪
これで念願の「きゃらぶき」(ふきの佃煮)を作ってみた。
まずふきをさっと茹でて、一時間ほど水にさらしたあと薄い皮を手で剥していくのだが、最初から短く切ってしまって失敗。本数が多いとちまちました作業なのでめんどくさいのだ。
でもこれが美味しいものになると思ったとたん、すっと面倒な気持ちがやわらぐのが不思議。
我ながらすごい食い意地だ・・(笑)

レシピ通りにやったので、思ったような「きゃらぶき」が出来て幸せ♪
美味しそうな照り具合は、水あめを入れるのがポイント。
しかしこんなに細いのにしゃきしゃきとした歯ごたえ、鼻に抜けるなんともいえない特有の香りとほろ苦さ・・。繊細さとその姿から、春野菜の女王と呼びたいほどだ(笑)
ほんのちょっと箸でつまんで、炊きたてのごはんと一緒に口に入れる。うまい!!
もーこれだけで軽く2〜3杯は食べられます。見つけたら、また作ってみよう。

筍も毎日店頭に並ぶようになり、お値段もぐぐっと下がってきたこの頃。
筍はさっと洗って、穂先をカットし縦に切れ目を入れぬかと赤唐辛子をいれた水に投入。
あとは竹串がすっと刺さるくらいまでひたすら茹でる。ただあくが強いので、茹でたあとは引き上げずにそのまま一晩置いておく。
次の日何にして食べようかな〜と考える時間も楽しい。

先日は、定番の「若竹煮」にしてみた。
これはカツオダシで、薄味に仕上げると筍の美味しさが一番引き立つ。この日は薄口しょうゆを切らしていて、普通の醤油で代用したので見た目が茶色くなってしまった。
濃い口醤油だと、少々しょうゆくさくもなるのが難点。
ワカメは、煮るとぬるぬるになるので最後に入れてさっと上げる。
美味しいよな〜筍・・。ダンナは、口の中がかゆい感じがすると言うがこれがいわゆる"あく"なのかな?
さあ次は何にして食べようかな。
posted by みみいこ at 20:27| Comment(8) | TrackBack(1) | うちでごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みいこさんは、すごすぎる!!
売れますよ、絶対。
お料理って、面倒くさいほど出来上がった時のうれしさというか美味しさに感動しますよね♪
お花見処で出店をすれば良かったのに〜
Posted by yuriko at 2005年04月17日 01:03
yurikoさん
有難うございます。とても売り物にはなりませんが笑。
そうそう、手間がかかってるほど美味しく感じるかもしれませんねー。実は餃子なんかも包むのめんどくさいんですが、出来上がってビールを飲む瞬間をイメージしながらひたすら包みます(笑)
マメなyurikoさんに笑われそうです^^;
Posted by みいこ at 2005年04月17日 19:15
私の場合、日常的に筍、ふき、ふきのとう、たらのめ・・・・といった野菜に囲まれて育ったので全然珍しくない野菜たちなんだけど(というか、買うという概念のない食材(笑))、そっかー貴重なんだー。今度季節になったら我が別邸に行きましょう!

それにしても本格派で美味しそう。さすが料理上手ね。
Posted by nana at 2005年04月17日 22:44
土曜日に毎年恒例の竹の子掘りに行ってきました-♪ 
今年は動き(?)が遅いらしく、地面から1cmしか出ていない状態!参加していた子供たちをトリュフ豚のごとく
使って、見つけたら掘るの繰り返し。最後は下を向くと汗がボタボタ・・20本は掘ったゾ。
おかげで今日は受話器も持てない状態です(笑)
でも地面に潜っているだけあって、今年は柔らかくておいち-!オカカの粉とかでおだしを取る時に使う不織布みたいなパックわかりますか?今年はあれにヌカを入れて見ました。お鍋も汚れない、竹の子も扱いやすいで、不精アイデア大成功-やってみてください。
あと若竹煮を食べつつ焼肉していたのですが、若竹煮を焼くと味がしみてるしそのまま焼くより
柔らかくて美味しい〜ああ、不精な発見ばかりです。
グリ−ンカレ−も作らなくちゃ!帰りにココナツミルクを忘れないようにせねば
Posted by なる at 2005年04月18日 18:31
nanaさん
うぬぬ・・・なんと贅沢な(笑)それも取り立てなんだろうな〜。特に筍は取ってすぐならお刺身で食べられるそうですね!(食べたこと無いけど)
>そっかー貴重なんだー。
そうですよ〜!!有り難く食べてます!(結構高いし^^;)
わお♪野草づくし別邸ツアー!連れて行ってくださいましー♪
Posted by みいこ at 2005年04月18日 18:46
なるさん
うわーーすごい!20本も掘ったの?いいないいな〜♪腰のほうは大丈夫(笑)??
小学生の頃、近くの竹やぶで(誰かの所有地で勝手にだったかな?)掘った記憶がうっすら・・。そういえばオトナになってからはないなー。
実はね今日も仕入れてきたんです、特売395円だったから笑。不織布みたいなパックもちょうどあるので早速やってみます!ありがとー。
そうそうそう、筍焼いても美味しいそうね。焼肉ってことはBQかな、ますますいいなー。あ、グリ−ンカレ−って手もあったか!いろいろやってみたくちゃいます♪
こないだはチンジャオロースに使ってみたけど、なんとなくオイスターソースに負けちゃってて、これは普通の水煮で十分かなって感じでした。
Posted by みいこ at 2005年04月18日 19:02
山菜って下準備がメンドクサイのですよねー。しかもあくが強くて、下準備してる間に指先がまっ黒になっちゃうし(泣)
それにしても、美味そうですねー。私も採るもので買うという概念がなかった〜っ。山菜を買うってなんか新鮮♪ 
Posted by むさじん at 2005年04月19日 00:46
むさじんさん
TB有難うございます。
へぇ〜ふきのとうは指先がまっ黒になっちゃうくらい、特にあくが強いんですねー。それともスーパーのは大分日にちが経ってるってことかな?!
あの苦味は、冬の間のなまった体を覚醒するためだと聞いたことがあります。そう考えると自然って理にかなってるなと思いますね。春の苦味私も好きです!
Posted by みいこ at 2005年04月19日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2995715

この記事へのトラックバック

春の味
Excerpt: 雪が溶け出すとふきのとうがあちこちに。 ってことで、ふきのとうを取って食べることに。 苦味は少々あるけど、春の味ということで結構好き。 柔らかそうなふきのとうを摘み取ってドロをとって食べられ..
Weblog: むさじんの部屋
Tracked: 2005-04-19 00:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。