2005年02月11日

  『タクシードライバー』続編?

タクシードライバーマーティン・スコセッシ監督が、『タクシードライバー』(1976年)の続編を製作するという嬉しいニュースが先日あったらしい。
ロバート・デ・ニーロは「スコセッシと『タクシードライバー』の続編のような、トラビスが歳をとってからの物語を撮ろうかと話したんだ」と語っており、現在スコセッシと共に脚本を熟考しているそうです。
スコセッシ監督のファンとしては、なんとしても実現させて欲しい〜!!
『タクシードライバー』もずっと以前に観たきりだからまた観なくちゃ♪ただスコセッシとデ・ニーロは映画以外でも親しいらしいので、単なるお友達としての会話でないことを祈るばかり。。しかしトライベッカのBubby'sあたりでサクっとそんな光景を見かけたいものだ・・。


それはさておき1月25日発表の第77回アカデミー賞ノミネート作品に、スコセッシ監督の「アビエイター」が作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞ほか、史上最多タイ記録11部門でノミネートされている。
ギャング・オブ・ニューヨーク」に続きレオナルド・ディカプリオ主演、富豪ハワード・ヒューズの半生を描く伝記映画だそうだが、日本での公開はアカデミー賞決定後の3月からなのでなんとも言えないのが寂しい・・。
一昨年ノミネートされた「ギャング・オブ・ニューヨーク」は無冠に終わってしまったが、(個人的には主演男優賞はダニエル・デイ=ルイスにあげたかったが、「戦場のピアニスト」エイドリアン・ブロディにもっていかれてしまった)「アビエイター」はどうかなー。
今回も受賞して欲しいのはヤマヤマだけど、NYで生まれNYを愛してやまないスコセッシ&デ・ニーロ、そしてジョー・ペシを加えた黄金トリオで、いつかアカデミー賞作品・監督・主演・助演賞を制して欲しいというのが私の長年の夢である。
posted by みみいこ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Love movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の映画ラッシュ時期です。10歳ぐらいでしたが、映画狂の母に連れられオーメンと同時期に見た映画というのは覚えてます(笑)。オーメンは、ずっと目をつぶっていましたが、タクシードライバーは、、、車のライトとか覚えているのですが内容は覚えてません。笑 今さらながら、ハーヴェイ・カイテル出てたんだ〜へぇ〜×20です(笑)。毎週木曜日は試写会の日♪なんて言って、ガスホールやヤクルトホールに行くのが楽しみでした。というか行く途中のドーナツやさんが楽しみだったのですが、、、笑。そして、タクシードライバーは、DVD購入。まだ見てません。笑
Posted by yuriko at 2005年02月12日 10:41
ハーヴェイ・カイテル出てたんですねー。私も随分昔に観たので記憶に残ってませんでした(笑)オーメンも懐かしい〜〜。怖かったですね、オーメンは。特に少年時代の「2」が好きでした。
私の育った街では壊れそうな映画館が一つしかなくて、任侠物ばかりだったんじゃなかったかな。初めてその映画館で洋画を観たのが「エクソシスト」笑。すごいのが来る!!てんで、街中の人が詰め掛けて大盛況だったのを覚えてます。
映画狂のお母様といい、yurikoさんの環境うらやましすぎです!
Posted by みいこ at 2005年02月12日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。