2005年02月07日

  買ったものいろいろ。

上海の街、特に市場があるストリートや居住区などを歩いているとお家に置いてある家庭雑貨の類に目を奪われてしまう。
懐かしさ漂うホーローのやかんやバケツ、色やけした鳥かごもいい感じだし洗濯バサミなどの小さいものにさえ目がいってしまう。
そしてなんといっても、道行く人が手に持っているポット!
赤や青、時にはレトロな柄つきのやつ。
それを持ってぷらぷらしてる様子がうらやましくて仕方ない。
家の前にイスを出し、このマイポットでお茶をつぎながらご近所さん同士のんびり談笑している光景をあちこちの街角でみることが出来る。
日本でも田舎にいけばこんな幸福な時間がまだ残っているのかもしれないが、都会ではすっかり失われてしまった光景。
見ているだけでほのぼのしてくる。

DSCN2102.JPG日常で使う機会ある?というのは置いといて・・。
このチープな感じいいよなあ。
中は一応普通の魔法瓶と一緒だが、コルクでフタをするだけのシンプルな作り。
確か15元くらいを13元(=約160円)に値切った。上海では値札が付いてないものは値切るべしと聞いていたので、(10円20円の世界だからそのまま払ってもいいんだけど)ちょっとゲーム感覚で値切ってみる(笑)
でもけして裕福そうとはいえない市井の人々の暮らしを見ていると、段々値切るのがイジメに思えてくるとダンナは言う。うーん・・そうかもしれないけど上海人(中国人)がそんなにお人よしとは思えないしなー。きっと値切っても儲けがあるものと思って交渉する。
さすがに一度下げてくれたら「もっと」とは言わないし、下げてもらったら大抵は買う。
買う気もないのに値切るだけ値切って、やっぱりいらない〜というのはあまりよろしくないそうだ。


shanhai 001.jpg中国に行ったらパンダものを買うのだ!!と色々見てまわるが、案外可愛いと思うものがない。
パンダグッズもっと欲しかったけど、GETしたのはこれだけで残念!多分楊枝入れ。
景徳鎮のマークが入っているけど(売り子のお兄さんがひっくり返してマークを強調するので分かった)
100円くらい(笑)



shanhai 002.jpgその辺で買い食いする時に100元は出しにくいので、何か買ってお金をくずそうとたまたまそこにあった服飾デパート?(アメ横みたいなとこ)に入る。
特に欲しいものはないしどうしようかな〜とウロウロしてたら、パジャマ屋を発見。
上海は(オバちゃんに限らず)パジャマで街を歩いてる人が多いという噂。冬だったのであまり見かけなかったが、確かにキルトのパジャマで買い物をしている人がいた。
コテコテのはちょっと家でも着れないので、白でシンプルなやつを購入。
55元を50元(=約650円)に値切る。


shanhai 006.jpg下にはく長パンツ付きだし、袖口にレースがほどこされてるのが可愛い♪



shanhai 004.jpg shanhai 003.jpg

上海文物商店にて。

100年の歴史を誇る上海最大の骨董品の老舗。
国営で、由緒正しい鑑定済み品しか置いていないとのことなので骨董初心者でも安心。
お小遣い程度でなにか記念に欲しいなあって場合、手の届く価格帯も揃っているので買いやすい。
私も3000円位までの価格で・・、掛け飾りは3種類の書体と文章の中からチョイス。
昔っぽい絵が書かれた陶器は印鑑にまるつわる品らしいが、筆談だけでは分からなかった。
印鑑を入れておくものだったのか、朱肉入れだったのか?
蓮の花を持っている人、カゴから蝶々らしきものが飛び出てきてる様子といい・・
一体どういうシチュエーションの絵なのか想像できないところもいい(笑)

shanhai 005.jpgレストランで貰った領収書。
スクラッチになっていて、削ると何か書いてある。どこかで読んでクジだとは知っていたけど、どれが当りなのか当ったらどうするのかさっぱり分からない。
帰って上海エクスプローラで調べてみたら、貰ったのは全部
『謝謝○(ni/悠に似た漢字)』(外れ)でした。



shanhai 009.jpg筆談をするために、主に小中学校で使ったなつかしの暗記帳を活用してみた。
まずよく使いそうな単語をあらかじめ書いておく。
「多少銭?」→いくら?
「太○(貴に似た漢字)了!」→高い!
「再便宜一点○(口へんに巴という漢字)」→もう少しまけて。
といった具合に、相手の顔をうかがいつつ紙をめくる。
このもう少しまけてまでの一連に、「まけてなんて、この子こんな中国語まで書いてるわよ〜〜!」(多分そんなことを言っていた・・)と店員おばちゃん達には大笑いされる始末^^;
しかしポケットにも入るし、恥ずかしながら実際これがなかなか重宝したのであった。

おしまい。
再見!上海。



DSCN2269.JPG
posted by みみいこ at 00:30| Comment(11) | TrackBack(2) | travel *上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポット可愛い!!みんなが持ち歩くと言うので水筒みたいなイメージをもちましたが、テーブルポットとしていい感じです。
色も好き!たぶん色々キッチュな色柄がありそうですが、みいこさんのセンスですね♪欲しい〜!
パジャマも日本じゃ言わなきゃ普段着ですよ。外着でいけると思うけど。
Posted by Monta at 2005年02月07日 00:53
Montaさん
有難うございます^^同じ形であと水色とショッキングピンクがありました。ピンクもぱっと見は可愛いかったんですが、使うことを考えたらと思って緑にしました♪中国色?の赤も持ってる人多かったなあ〜。
パジャマ、縫製がイマイチかと思ったら案外大丈夫でした。最近は中国物もよくなってるのかしら。。
>外着でいけると思うけど。
コンビニくらい行けそうかな〜♪(笑)
Posted by みいこ at 2005年02月07日 18:36
かわいい〜。このポット私もほしいです。お茶をいれて持ち歩きたい♪
パンダの楊枝入れとか朱肉入れ(?)とか見ていると、文化屋雑貨店とか大中を思い出すなー。
パジャマも着心地良さそうだし、暗記帳のアイデアも良いですね〜。今日のブログは真似したいモノだらけだー。
Posted by Fumiko at 2005年02月07日 23:09
私もポット欲しいです〜♪きゃわいい〜。
パンダもの、私も探しました。笑
ほんと、かわいいのがないんですよ〜。小銭入れが欲しかったのですが、断念しました。しかし、安いですよね〜。掛け飾り買っちゃうところが又尊敬です♪
Posted by yuriko at 2005年02月08日 11:58
Fumikoさん
わーー文化屋雑貨店だって、懐かしい〜!!大中は見かけるけど、文化屋・・もまだどこかにあるのかなー。
朱肉入れ(?)は筆談で「印泥」と書いてくれたので、気になって調べてみたら(遅!)「印肉」と出ました。やっぱり朱肉入れでいいみたいですね♪
暗記帳は苦肉の策なんですよー、寒いから出来るだけ出し入れ簡単なのとか(笑)

yurikoさん
パンダもの、探すとなると結構ないよね〜。帰りの空港で、でっかパンダが描かれたキャスター付の硬いナイロン製お土産袋?(北海道とか観光地に行くとよくあるやつ、うまく言えない〜)を引きずってる人がいて、すごい可愛かったです。小銭入れもいいなー、ビーズのやつとかありますよね♪掛け飾り、実は飾る場所がない・・笑。

ポット、皆さんに賛同していただいてうれしいです♪持って帰る根性があればお土産にでもよかったんだけど笑。。
Posted by みいこ at 2005年02月08日 13:07
3連休、上海に行く夢ははかなく霧散して、今日も滅私奉公中です。せっかくみいこさんのブログでお勉強させてもらって、ホテルはグランド・ハイアット上海にしようとか(←嘘です、ありえません、僕の安月給では)、金イメージ膨らませていたのに…。お目にかかるときは、是非今回ご購入のパジャマ姿のみいこさんとお会いしてみたいです(笑)
Posted by かわぺー@仕事中 at 2005年02月11日 17:56
かわぺーさん、お疲れさまです〜。
大丈夫!今年は昨年に比べて三連休が多いらしいですよ♪(って会社の人が言ってた)それに、上海は逃げていきません!ってどっかのサイトみたいなこと言ったりして笑。
Montaさんにもそそのかされたので(笑)そのうちほんとにパジャマ姿で買い物行きそうな気がしてきました^^。わは。
Posted by みいこ at 2005年02月11日 22:01
げっ、一番最後の写真で上海に惚れた。
その上の単語カードとの並びもいいよぉ〜。

>おしまい。
>再見!上海。
終わり方も、参考になるなぁ。

連休最後の時間帯に見れてプチな幸せ感じさせていただきました。

Posted by hagidas at 2005年02月13日 23:22
hagidasさま〜いらっしゃいませ♪
最後の写真、夕日じゃなくて朝日なんですよー。(すいません、わかりますよね)
上海ってとこは朝からこんなにガスってるのです。単語カード懐かしくないですか♪今更使うとは思ってませんでしたけど笑。
今度お越し頂くときは、お名前にぜひリンク貼ってくださいませね〜(えへ、しつこい?)
Posted by みいこ at 2005年02月14日 13:03
はじめまして。上海を検索してたら辿り着きました。
写真も文章もみいこさん独自の観察眼がオモシロクってとっても楽しく読ませていただきました!
わたしも少し前に上海に行きました。中国茶が大好きだったことと中国自体にとても興味があって。ほんと「混沌」と「工事中」いう言葉がぴったりも街でしたねぇ。あっちこっちで工事のダダダダーーっていう音が鳴り響いていて、古いものと新しいものが混在してて、人はみんな他人に遠慮することなく生きてて、アクロバットな物乞いがいて、地下鉄にもクリームの物売りがいて…。高テンションに満ち満ちた国だったことをおぼえています。
わたしもブログで上海の写真をちょっぴり載せてます。よろしければご覧ください。
ではまた遊びに来ます〜!
Posted by matyula at 2005年06月28日 14:12
matyulaさん
はじめまして〜。上海で。。そうですか♪読んでくださったうえに、コメントまで入れて頂いて・・有難うございます!
私も中国にはずっと興味はあったのですが、まさか上海に行くことになるとは思っていませんでした。香港みたいに派手じゃないし、つまらなそうと思ってたんです(笑)でも、行ってみたらある意味すごく刺激的でした。「工事中」多かったですね〜。だから街がホコリっぽいのかな?かと思えば、裏通りは昭和みたいな風景があったり。見えるとこは過剰なほどギラギラピカピカにして力を誇示したい、国の事情みたいなのをなんとなく感じました。
中国茶おいしいし、現地はさすがに安いですね。烏龍茶(鉄観音)は、日本で飲んでた香りがないのとは別物。今まで烏龍茶と思ってたのは何だったんだーって感じです。
後ほどそちらにも伺わせていただきますねー♪
Posted by みいこ at 2005年06月29日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

渡しそびれた土産
Excerpt: 去年の10月上海に行って40元(530円くらい)で買ったパペットみたいなパンダの手袋型人形、あげるつもりの親戚の子に会う機会が無くなってしまい未だ手許に。 素材の肌触りが良くて柔らかいので結構いろん..
Weblog: むさじんの部屋
Tracked: 2005-02-08 20:41

いまさらすいません「中国で買ったもの♪」
Excerpt: まずは、行きの成田空港にて 免税店では、いつも使う化粧品を買おうと思っていましたが、あまりにも時間がなくて、断念。 ボディーローション好きなので、これだけは買う♪ 「ロードゥ イッセイ」 はじ..
Weblog: ♪♪♪yuricoz cafe♪♪♪
Tracked: 2005-02-12 10:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。