2005年10月26日

うちのカレー

家で作るカレーといえば、にんじん、じゃがいも、たまねぎといった定番の具が
一番ホッとする味なのかもしれませんが(家ではこの場合、+鳥肉)、
予定のなにもない休日、夕飯は家で美味しいカレーが食べたい!って時は
インド風のチキンカレーを、一から仕込んだりしたことも・・遠い昔にはありました。
最近はなかなかですけど。。

LY 477.jpg最近はまってよく作ってるのが、
定番カレーと、インドカレーの中間くらいの手間でおいしく出来る
『豚肉とたまねぎのカレー』
仕事から帰ってきて、色んな材料を揃えて一から作る気力はないけど、ちょっとだけ美味しいカレーが食べたいなーって時に。大量のあめ色玉ねぎと豚肉で、基本はコクのある甘さ。
確か本で見つけてレシピをメモっておいたのですが、自分の好きなように多少アレンジしてるので量などは適当です。
でもシンプルながらもなかなか美味しいんです♪



たまねぎ2個分(小さいときは3個くらい)をうすくスライスして、炒めます。
 ※あめ色たまねぎにする際は、繊維と平行にスライスしたほうがよいと思う
 透き通ったら、すりおろしたしょうがとにんにく(小さじ2ほど)を加えてあめ色になるまでひたすら炒める。
 ここに適量の水を入れて沸騰させ、を加える。
豚のバラ肉
(今回はロースのあたり、どっちでもいいけどおいしそうな豚肉を選ぶこと!
薄いスライスでないもの)に、
 無糖ヨーグルト大匙1
 カレー粉、醤油(少々)をまぶして10分ほど置く。
 これをフライパンで焼く。かきまぜずに焼き色をつける感じで。
 両面に焼き色がついたら、たまねぎを加えて軽く炒める。
(これは4つ切りでも薄切りでも好みでよいと思う)

しばらく煮たあと火を止め、どろどろにならない程度に市販のルーを加える。
 ※なるべくインスタントっぽい味がしないものを選んだほうがいいけど、好みのもので
 今回使ったのは、S&Bの赤缶。
 トマト野菜ジュースを適量入れる。しばらく煮て、仕上げにガラムマサラ。
 辛さが足りない場合は、レットペッパーなどを加えればOK。塩を少し足すと、ごはんに合うようです。

SP.jpg私はスパイスが効いたのが好きなので、、クミン、コリアンダーの粒をゴリゴリ潰して加える。(これではサラサラの粉にはならないので一応ふるって投入)
あればカルダモンも香りがいいので入れたいけど、とりあえず今家にあるもので十分。
ところで、このタイの石臼のスパイス潰し。
そんなに力を入れなくてもそこそこ粉末ぽくはなるし、サイズもちょうどいいのと、使いたい時にさっと使える・・等々、すごく重宝してます。ちょっとすりごまが欲しい時とか。


スパイスは先にいれるのかそれとも最後に入れるのか、レシピによって色々だけど、
仕上げの加えるのも、香りが際立って好きです。
大体こんな感じだったけど、料理はちょっとした手間でぐーんと味がよくなったりするもの。
何度かやってみて、自分の好きな味にしていくのも楽しいと思う。
posted by みみいこ at 21:55| Comment(6) | TrackBack(0) | うちでごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

日焼けショック

LY 014.jpg昨日の不意打ちを多らったような暑さのおかげで、、
どうやら日焼けをしてしまったようです_| ̄|○
友人の子供の「初めての運動会」ってことでサブカメラマンとして参上したはいいけど、
何なんですかーー昨日の太陽はっ!もうすぐ11月ですよ?!


もちろん日焼け止めなんて塗ってるわけもなく、、
いや最近は一年中日焼け止めを塗るべしとされてるようだし、晴れ予報にもかかわらず油断した自分が悪いんだけどさ・・・
ここんことの週末の悪天候で2度延期になり、3度目の正直で開催されたのはよかったけど。。
太陽をさえぎるものがない状態で、ほぼ一日。
(うぅ〜〜やばいよやばいよやばいよ。。と出川のように唱えるわたし)
夏の時期はちゃんと気をつけてたのに〜、たった一日で○○って濃くなりますのね(涙)。。。

tama.jpgショックを引きずりつつ、岩盤浴へ。
(難病治療で有名な秋田の「玉川温泉の・・」うんぬんと謳っている)
温かい石の上にバスタオルのようなものが敷いてあるだけなのだが、そこに横たわり上からカプセルをかぶせてもらう。私は初めてでちょっと息苦しかったので顔を出してたけど、顔まですっぽりカプセルに入ってしまってもいいみたい。
35分のコースでまず5分間余熱、残りの30分は40度まで温度を上げてくれる。最初は温かくてウトウト・・、と思ったらそのうち熱くて寝ようと思っても寝れなくなる。
15分くらいたつと大量の汗が体を伝う。最初は仰向けで、後半は膝を温めるためにうつぶせになってみた。
終わると着ていたパジャマ(のような服)がびっしょり。
石が発している成分のせいなのか、毒素が抜けたような感じの汗・・?確かにすごく汗をかくのと、その日は足の先までずっと体が温かかった気がする。
こういうの↓近くにあったら、定期的に行きたいんだけどなー。
http://www.nodanoyu.co.jp/esthetic/esthetic05.html



☆おまけのちばらき(笑)☆

 LY 007.jpgLY 002.jpg LY 004.jpg

千葉県民(と茨城県民)ならたいていの人は知ってる「MAXコーヒー」を久々に飲む。

東京で暮らし始めてから、MAXコーヒーがいわゆる“ご当地品”だということを知った。
周りでは缶コーヒーと言えばMAXだったので、全国的にそうだと思っていた(そこまでポピュラーでないにしろ笑)。
でも私は缶コーヒーが好きではないのであまり思い出はないのだけど、飲んでみたら結構おいしかった。
練乳が入ってるからか、好きなミルクっぽさ。しかも思ってより甘くない。

そして8月に開業したばかりの「つくばエクスプレス」に初めて乗る。
地上と地下に潜る区間が混在しているのだが、「すっごい早〜〜、新幹線並み?!」って思った地下の区間があったなあ。。
で、びっくりなのが流山セントラルパーク駅。
・・・・えらい思い切った名前にしたもんですね〜笑。
posted by みみいこ at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ちょっとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

そろそろブーツを履く季節

になってきました・・。夜は肌寒いですね。

お肌のほうも、寒くて乾燥した冬だけじゃなく最近は一年を通して保湿が大事。
しかし根がズボラですから、毎日のお手入れを完璧に!なんてできません。
で、久々にすばらしっ〜!と思った「大三」というメーカーが出してる4枚重ねコットン。

たかがコットンとあなどるなかれ。こういう「ありそでなかった」
「さもない(※たいしたことではないけど、ちょっといいことの意、大好きな料理研究家・栗原はるみさんがよく使う言葉です)」商品が大ヒット!ということは多いんですから。
ちょっと古いけど、花王の「毛穴すっきりパック」を初めて使った時の衝撃を思い出した。

コットンにたっぷりしみ込んだ化粧水でパッティングする時、
激しく叩きこむのも肌にはよくないし、そんなことしたら毛羽立っちゃうしで、
仕方なく(まだ残ってるのにな〜と思いつつ)捨てていた。
でもこの4枚重ねコットンなら、適当にパッティングした後きれいに4枚に分けられるので
特に乾燥が気になる部分、両目にのせてそのまましばらくパック。
うーーん、大根の葉っぱまで残さず料理したようないい気分です(笑)。
例えはイマイチですが、とにかくいい商品を開発(改良か?)してくださった方に拍手♪
水分を肌に浸透させるには、パックが一番ですからねー。
簡易的ではあるけど、化粧水と同時に“毎日”出来るっていうのが重要。
よく、「あれなんで今までなかったの?」っていうようなところに目をつけろと言うけど、
ほんとですねー。

LY 372.jpg先に見つけたのは、セブンイレブンで売ってたキャラ系。
全てのセブンに置いてあるわけじゃないらしい・・(なくなったら終了かな?)



LY 458.jpgこっちがデフォルト。おすすめ〜
実は、これをつご2ヶ月くらい探してた(笑)。
大手チェーンとかにも置いてなくて、見つけたのは門前仲町駅近くのかなり大きなドラックストア。
その店は何故か化粧用コットンだけで5〜6種類はあった気がするので、品揃えが多い店でしか置いてないのかな〜。。

posted by みみいこ at 21:16| Comment(5) | TrackBack(1) | Love Body | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

あれから1年

最近なかなか秋晴れの日がないけど、今日は思ったより晴れてたので昼過ぎから出かける。
まずヨドバシカメラに行き、VAIO用のインナーケースを買いついでに欲しかったUSBフラッシュメモリーも物色。
R2-D2とか食品サンプルから生まれたSushiDisk(スシディスク)とか、普通のより持ってて楽しいのがいいなー。
(R2-D2はいいとして実際スシはどうよ?とも思うけど。。デカイし)
でもNYに行ってブライアントパークあたりでスシディスクを挿したパソコンを広げてたら、
ニューヨーカーの目が釘付けになるだろうか・・など、ひととき楽しい幻想にひたる。
って、モバイルする予定はないんだけど笑。
でもどうせ買うなら512MBくらいは欲しいかも〜、と現実に戻ったあげく今日のとこはやめる。
かわいいキャラものって大体256MBまでなんだよね。
2万円近くする大トロ(1GB)なんてのもあるけど、買う人いるんだろうか・・

そのあとカタログハウスブックオフナチュラルハウス成城石井とお決まりの好きな店をはしご。
(いつも代わり映えしない私・・)買い物は女のストレス発散というけれどほんとにそう笑。
他になんにも考えてないのと、やっぱり好きなものを選んだりしてる時って楽しいもの〜。

アイ・ラブ・ミーちゃん今まで何度か立ち読みしてたんだけど、ブックオフで見つけたので購入。
数ある猫本の中でも、特にこの「ミーちゃん」シリーズが大好き。
平間さんの写真も空気感があって好きだけど、猫好きの「猫のここがすき」っていう瞬間や仕草を本当によくわかっていらっしゃる!!
猫と生活するってやっぱりいいなあ・・・ミーちゃん、おとぼけ具合といい可愛すぎです。
この『アイ・ラブ・ミーちゃん』で3部作シリーズ完結、終わってしまってさみしいです。


↓港区みなと保健所のリーフレット『まちの猫問題』の表紙にもミーちゃんが♪
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hellopet/20050921/ftu_____hellopet004.shtml
↓最近のミーちゃんは、平間至さんのサイトで♪
http://www.itarujet.com/


c_099.gifそして、ブログを書き初めて今日で1年になりました。
(買い物帰りのバスの中で、そういえば昨年の今頃始めたんだよなーとふと思い、帰宅して確かめたらほんとにちょうど今日でびっくり)
いつも見にきてくださる人にも有難うです。
多分飽きるまで続けますので、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

posted by みみいこ at 23:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

「日本橋ぼんぼり 京橋店」であぐーを食す

先週の金曜日、TさんBさん、そして私の三人で恒例の会食。
今回は先日秋のNY旅行から帰国したばかりのTさんから、NYのあらたなおいしいもの話を聞きたい〜♪
というわけで、どこかいいお店ないかなーと探していて見つけたのがここ。
じつは、おいしいもの好きの間では知らない人はいないだろうと思われる、
あのやまけんさんブログで紹介されていた店です!
もー読みながらよだれダラダラ・・・。

早速その週の月曜日に予約を入れるとまだ空いているとのこと。ラッキー♪
※実際金曜はかなり混んでましたが、2階などは結構人数が入れそうなので予約が取りづらい
ということはなさそうでした

金曜日を心待ちにしつつ、やまけんさんブログを再びチェックすると、
なんと、「あぐー」が入荷するというじゃありませんかっ!!
豚肉党の私にとって、もっとも食べてみたいブランド豚のひとつであるあぐー。
“ブランド”なんて言う言葉はあれですが、那須グローバルピッグファームさんの「もち豚」を食べて
“おいしい豚は脂身がおいしい”と、豚肉の脂身が大嫌いだった私の目からウロコが落ちたんですから!
ブランド豚万歳!なのである。落合シェフのベットラで食べた「プラチナポーク」もおいしかったなー。

でも入荷が水曜日と書いてあるし、金曜日までは絶対ないよな〜・・がっくし。と思ってたら、
Tさんが「金曜日まで取っておいてくださいなー」と電話でシェフじきじきにお願いしてくれた。
さすがは、ランチ王ですな〜。てなわけで、「純潔に近いあぐー」を食する幸せに恵まれたのであります♪
*あぐー豚とは*↓
http://www.ja-okinawa.or.jp/agriculture/brand.html

LY 459.jpg地鶏と白レバーのテリーヌ

やまけんさんが行かれた時のと、若干中身が変わっていた。
間にはさんであるリンゴピューレが今回はかなりピンク色。これは見た目的にも綺麗で食欲をそそる。
レバーは大の苦手なので遠慮しようかと思ったけど、あまりに美味しそうなので食べてみたら
とってもおいしい〜♪でもレバーの味自体はやっぱり苦手。。



LY 461.jpg桜肉のタルタル

前菜によくある、こういうパンにのっけて食べる系、大好きーー。
桜肉は小さく刻んであるのに弾力がすごい。味もいいし食感を楽しむという志向もGOOD。



LY 465.jpg
あぐーの泡盛蒸し

店のメニューではカツレツとなっていたが、あぐー電話予約の際シェフからこの料理法をおすすめされたそうだ。
味付けは和風な感じだったかな。もうあぐーがおいしすぎて・・味付けがどうのこうのって考える暇もなかった笑。
なんていうんでしょ、くさみは全くないし脂身が甘くて、噛んでいる間じゅうずーーと美味しいんです。
飲む込むのが惜しいくらい。やっぱり素晴らしい豚は、脂がおいしいというのはほぼ間違いない。
お値段は少々張りますが、食べて損はないです。
今後は定期的に入荷するとの噂もあるので、もう少しお手頃になればもっと最高です笑。

LY 470.jpg地鶏旨油飯

これも楽しみにしていたひとつ。
ネギなどが入った油の塊を、甘辛いタレがかかった熱々ごはんに乗せてまぜまぜ。
そこに薬味として、ミョウガとゆずこしょうを投入しさらにまぜまぜ。
油がお米全体にからまってつやつや♪
うまーーーーい!!これは飲んだあとの締めに最高です。
飲む時って、つまみでさんざんタンパク質を取っているので、締めは具なしのご飯ものや麺のほうがいいんですよね。
そのへんも分かって出してるとしたらほんとすごい。
くさい野菜がなにより好きなので、こってりした味にミョウガとゆずこしょうがほんのり香るのも幸せ〜。



LY 472.jpg紅玉のパイ包み焼き豆乳のアイスクリーム添え」 

以前は梨だったようですが、本格的に秋に入ったからかリンゴになってました。
パイはちょっと柔らかめでしたがバターの具合もちょうど良かったし、
熱々のパイと、さっぱり目の豆乳のアイスクリームがベストマッチング。



このほかに炭火焼地鶏カルボナーラ、地鶏の南蛮タルタルと、
やまけんさんのストーカー状態のメニュー構成でしたが笑、どれもこれも期待を裏切らないものでおいしかった〜!
この感じだと冬の食材もかなり期待がもてますよー、ここは。

しかし光が取れない夜の撮影は、ほんとダメダメです。。
以前から何とかせにゃ。と思ってはいるのですが、フラッシュはあまり使いたくないし、
なんかいい方法ないですかね。
ニコンはあまりレンズが明るくないのか、暗いところではオレンジ系の色調になってしまいます。黒系のお皿は特にアウト・・
ニコンのカメラ大好きだけど、この弱点はちょっと痛い。今度こそ11月のNYまでに対策を考えなくては。。
posted by みみいこ at 19:32| Comment(8) | TrackBack(3) | そとでごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

札幌でラーメンとお寿司♪

あと一日働いたらまた3連休だ〜、がんばろう。
今週はさすがに毎朝眠くてつらかったー。でも体は疲れているのになぜか気持ちは軽いんですよね。
いつになく仕事も楽しくこなしてるよーな?気さえする。
これって絶対マラソンの効果だよなあ。すごい。
膝の調子も思ってたよりいいし、もう少し休んだらまた走りにいこう。(←このへんが甘い)

昨日はグッドタイミングでこんな雑誌を見つけて、即買い。
FRaU (フラウ)「走る女」は美しい

と思ったら、nさんのとこで先にアップされてた〜!(さすがやること早いよ隊長)
え?ジョギングって今ブームなの?!この雑誌によるとヨガの次にくるのはジョギングらしい。。
NYの高級ホテルでは、セントラルパークのジョギングコースマップがもらえるとか、
国内外のレース紹介もいっぱい載っているし、足を踏み入れた初心者には楽しくてためになる情報満載でした。

それと先日「脳からアドレナリンが出て・・」なんて書いちゃったけど、
ランナーズ・ハイの時に出ているのは、アドレナリンじゃなくて『セロトニン』という
別名幸せホルモンとよばれる物質と、本にありました。
知らないことだらけではずかしいです・・(*^^*)

で、札幌のメインイベント笑。ジンギスカンも行きたかった〜

17-10-03 006.JPG17-10-03 008.JPG

dancyu(ダンチュウ・2005年10月号)のカレーラーメン特集にて、一番コメントに力が入っていた感のある「吹雪」へ。
かなり辛いので、冷めてからのほうがスープの味がよく分かるらしい(マスター談)
スパイスの香りがちゃんとしたのと、野菜の甘みだけを使った(辛いけど)胃には優しいラーメンでなかなかおいしかった。
うーんでもでも、なんかもうひとパンチ欲しい感じ。ブームのスープカレー&ラーメンの美味しいとこどりなのかな。
東京ではあまり見ないけど、札幌には昔からカレーラーメンなるものが存在していたらしい。
店によって味やスタイルが色々なのも面白い。

17-10-03 040.JPGこちらは「一国堂」のとんこつ醤油。(東京にも支店があるらしいけど)
走った後の塩分補給に最適です。
ここのソフトクリームおいしかった。でもものすごい固めのクリームでとぐろ(しつれい!)を巻き終わるまでに下のほうから解けてしまうのでは!というくらい時間がかかる。
4個目で、うんともすんともいわなくなって「故障しました」と言われたのには笑ったけど。



17-10-03 024.JPG17-10-03 025.JPG

17-10-03 028.JPG17-10-03 029.JPG

とある人からおすすめいただいた、札幌の知る人ぞ知るお寿司やさんで。
淡白な白身の魚やいか、たこ類・・合えば何でもいいんだけど、塩とすだちだけで食べるのが一番好き。
今回は、あなごも塩で。といわれた。うんいける!
この日は皆おいしいおいしいを連発でした。
あらかじめだいたいの値段を言って、適当に握ってもらうのも「次は何かな〜♪」という楽しみがあってよかった。
いいお店を紹介してくださって有難うございました!
posted by みみいこ at 23:42| Comment(7) | TrackBack(0) | そとでごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

初めてのレース、第30回札幌マラソンを走る

17-10-03 039.JPG

10月2日(日)。
札幌は快晴とまではいかないけど、スタートを待つ間にじわじわと青空が。
しかもさぞ涼しいことかと期待していたのに、マジで暑い・・

痛めていた膝は前日くらいからやっとこさ良くなったかな〜という具合。
もうここまで来たら、どうなるかは走ってみなくちゃ分からない。
でも、生足で走るのはどう考えても危険なので、インドメタシン3%入のシップを貼り、
膝の周りを囲むように筋肉に沿ってがっちりテーピングする。
とにかくびっこをひく程の痛みが出なければ、なんとか走れるだろう。

11:35分、花火がポンポーンと打ちあがりスタート〜!

練習の時と同じように仲間達は流れに乗って前方に。
私もいつも通りのゆるゆるペース(一番びり笑。。)で走り出す。

スタートから300m
あ、、左膝のいつもの場所が痛い。。。
やっぱりか。でも予想はしていたので、とにかく足をまっすぐ前に出すこと、
ない腹筋に力を入れて笑、なるだけ足に体重をかけないように。ということだけを考えて走る。

真駒内の木々の中を通り過ぎると、そこからは一般道。
ここから集団がどんどんばらけ始める。
後ろからシニアの大群が来て、どんどん追い抜いていくのはいいんだけど、、
あーのーーーひじがぶつかったりしてるんですけど・・・
この辺りから、沿道で旗を振って応援してくれる人がちらほら。

2〜3Km行ったところで、豊平川沿いのコースに入る。
とにかくひたすらタラタラといく。
4Kmすぎに給水所。止まりたくないし喉も渇いてないのでのでパス。

5Kmくらいのところで、スタート待ちの時皆ですごいね〜なんて噂してた80歳台くらいの
おばあちゃんが目に前にいるのに気付く。
なかなか抜かせないので、自分の速度はあのくらいなんだ〜。。と思い愕然とする。
私の目からするとおばあちゃんの速度はほぼ強歩くらい。うむむむむ。
しかし、おばあちゃん元気も元気。きっと地元では有名人なんだろう。
「○○さん、30回おめでとう!」だの、あちこちからがんばって!声援が飛ぶ。
その度に、誰よりも大きく甲高い声で「は〜〜〜い」と返事をする。(たまには手もあげる)
背中なんか曲がちゃってるんだけど、しっかりした足取りだし、
後ろを走ってるこちらがはずかしくなるくらいだ。

でこれはイカンと思い、スタート地点である真駒内エリアに再び戻る直前まずおばあちゃんを抜く笑。
この頃、だんだんマヒしてきたのか脳からアドレナリンが出て痛みが和らいだのか分からないけど、
膝がふっと軽くなったように感じた。
「いける、行こう!!」そう思った瞬間重かった足に加速がついた。
自分でも不思議だった。
よく走ってた20代前半の頃から十数年。今大会に出るために練習を始めたものの、
とりあえず10Km走ることだけが目標なので、一度も負荷をかけて走っていなかった。
ずっと力8分目で走らなければ、絶対もたない。と思いこんでいたから。

17-10-03 017.JPG7Kmすぎ
このあと3Kmが一番きつい。
さらにゴールであるスタジアムに入るまで、ラストはアップダウンが続くコースなのだ。
この3Kmを、ここ十数年一度も走ったことのないスピード(あくまでも自分の基準値のことで、他から見たら全然全く早くない笑・・)で走り続けた。
レースに出る前は10Km完走できればそれでOKと思っていたのに、
突然スイッチが入った自分が可笑しかった。


喉は渇いてなかったけど、最後の給水場でスポーツドリンクをもらう。
TVで見るマラソン選手をマネてただ走りながら飲んでみたかっただけなんだけど、
「緊張のあまり手がぶるぶる震えて、グラスが持てない人のコント」みたいな状態で、
口元にコップを寄せるのも無理。案の定、こぼした。鼻に入れなかっただけましか笑。
皆なんでそんなに余裕で飲めるのか??

いけると思った瞬間から、「余力0(ゼロ)でゴールに飛び込むぞ〜〜」と闘志が湧いてきたのは、
きっと(着ていたTシャツを見て)「I黒ハートNY、がんばって〜」と言ってくれたおばちゃんや、
沿道にずら〜と並んでハイタッチしてしてくれたちびっ子たち、その他声援のおかげだ。
そう考えるとレースの魔力ってすごい。
それと一人で走ってたら、こうはいかないだろうなー。
ラスト1Kmの時なんて、ダッシュ力に定評のあるHさんにいつ抜かれるかとヒヤヒヤしながら
走ってたし笑・・。
でも抜かれたら、抜き返す力はもう出ないなとも感じていたので、マラソンはやっぱり心理戦?
一緒に走る仲間がいなかったら、確実にこんな経験はできなかった(参加することも含めて)。
皆でワイワイしながら旅もできたし、楽しかったー。ほんとありがとう!!

17-10-03 037.JPG 17-10-03 010.JPG

17-10-03 023.JPG
posted by みみいこ at 23:57| Comment(13) | TrackBack(4) | Love Body | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。