2005年05月02日

「タクシードライバー」再映!

タクシードライバー コレクターズ・エディションタクシードライバー 1976・米
**********************
 監督: マーチン・スコセッシ
 出演: ロバート・デ・ニーロ
     シビル・シェパード
     ジョディ・フォスター
     ハーベイ・カイテル


以前一度観たきりで、もう一度観る機会をうかがっていた「タクシードライバー」。
自分にとって特別な作品を観返す時は、以前とは違う発見や感じ方をしたいがために時間をおき、じっと”その時”を待つことにしている。で、先日タクシードライバーの続編を作る話があるとエントリーに書いてから、もう一度観たいという欲求が高まっていた。
そんな時、なんと近くの映画館でリバイバル上映しているという。(〜4月22日)
何故いきなりこの時期に?とも思ったが、(アビエイターに合わせて?アカデミー賞が散々だったから?・・まあいいや)タクシードライバーをスクリーンで観られるという幸運に感謝し、半券を握り締めていそいそと会場へ向かった。
ウキウキ♪

ほんの半月程度の期間であまり知られてないのか、思ったよりお客さんが少なかった。(10人もいなかった)ちらちらと見渡すと、ほとんどが同年代ぽい。自分も含め、映画が作られた少し前に生まれた世代である。
そして、予告が終わると通常はスクリーンが広がるものだが、逆にぐぐっと中心に寄り「音声や画像に乱れがあります・・云々」とのお知らせも出たりして、あーやっぱり古い映画なんだとあらためて思う。

スカスカの会場に腰を下ろし、古い映画特有である「チリチリチリ・・」という映像音を聞いていると、、十数年前銀座の裏通りにあった今にも壊れそうな映画館に坐っている自分が思い出される。(二十歳そこそこの頃で授業をさぼっては入り浸っていた)
暗くホコリっぽい館内で、「天井桟敷の人々」「第三の男」「風と共に去りぬ」・・はたまたヒッチコック作品の数々など、よく意味も分からないまま古典といわれているものを片っ端から観た。

何を考えるでもなくただ楽しかった高校生活の後、就職もせず漠然と進学したものの、何がしたいのか何もしたくないのか、、エネルギーだけが有り余っていたあのころ。
時間だけはたっぷりあって、気だるい夏の日の午後のような日々が延々と続いていた。
銀座の街の大人っぽさとその裏通りにある場末のような映画館は、大人ぶりたい気持ちとはうらはらに日常から離れてどこかに逃げ込みたい(今の自分から現実逃避するような)、青い春の時代の象徴だったのかもしれない。

「タクシードライバー」はそんな焦燥と、若さというエネルギーに翻弄される時代を描ききった傑作である。
ベトナム帰還兵のトラヴィス・ビックルは、不眠症に悩まされていた。
眠れないからと、深夜のタクシードライバーとして働くことにした彼だが、街を走るうちにNYの街の汚らしさや不秩序に苛立ちを募らせていく。またNYという一種独特な大都会に生きる孤独と相まって、ついには狂気を孕んだ行動へと突き進む。.. read more
posted by みみいこ at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Love movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。