2005年03月14日

「春の雪」

17-03-14 039.JPG昨日のお昼すぎ、ふと窓の外がうす暗いのに気付く。
!!雪だっ。
それも目ではっきりと分かるくらい大粒で横なぐりの雪が、目の前で吹き荒れていた。
あれさっきまで晴れていはず・・。どうりで寒いと思った。

カメラを手に、雪見コーヒーをしに近くのカフェへ。
大きな窓越しに映る雪景色を眺めつつ、暖かい部屋の中で暖かいコーヒーを飲む。
と思ったのもほんの30分くらい。みるみるうちに空が明るくなり、雪はどんどん小粒に・・。って、晴れてるじゃん!!(笑)
もうちょっとこの時間を楽しんでいたかったなー。



そして・・

春の雪とうとう、というか何故今の時期に?というべきか、
三島由紀夫の「春の雪」が映画化されるそうである。
関連記事⇒http://www.toho.co.jp/movienews/0503/03harunoyuki_sk.html



三島のライフワークでもあった『豊饒の海』シリーズは輪廻転生を主題においた物語であり、「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部作からなっている。
三島作品の中で私が最も好きなのが『豊饒の海』で、特に第二巻目の「奔馬」はことあるごとに読み返したライフブックといえる一冊である。

詳しい解説は三島文学の研究者におまかせするとして、自分なりに感じるのは「春の雪」はデカダンス、「奔馬」はストイック、行動、「暁の寺」は混沌、エロス、そして「天人五衰」は老い、現世と夢だろうか。(最近は読み返していないので忘れている部分も大いにあって、かなり乱暴で簡単にいいすぎかもですが)ここに阿頼耶識などの仏教論が織り目のように入り込み、転生の壮大な物語が展開される。
この4部作を読むと、三島文学の全ての要素がうかがえる上、まさに命がけ命を削って書いた感がある。
そして「天人五衰」を最終稿を編集者に渡した後、あの事件へと走りだすのだ。


さて映画「春の雪」は原作をどう描くのだろうか。
侯爵家の若き嫡子松枝清顕に、妻夫木聡。
ヒロインの伯爵家の令嬢聡子を、竹内結子が演じるそうである。
妻夫木君は、ちょっと子犬顔というか可愛いすぎやしないか・・?
竹内結子は好きだけど、聡子のイメージじゃないような気がする。
これ配役相当難しいんだろうなあ。
売れてない役者を使うわけにはいかないだろうし。。
でもまさかこの作品が映画化されると思ってなかったので、
どんな風になるのか、ある意味楽しみではある。

「天人五衰」のあとがきを読むと、
『豊饒の海』という題名は「月の海のラテン名 Mare Foecunditatis 」の邦訳であるという。
そして、この「豊饒」であるべき月の海の現実は、何もないカラカラの沙漠なのだそうである。
カラカラの沙漠を「豊饒」とする三島は一体何を見つめていたんだろうか。
posted by みみいこ at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | Love Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。