2005年02月26日

チャイナタウン

チャイナタウン

S.J.Rozan著

Shoeさんがご紹介くださってから読んでみたくてたまらなくなり、まずは何軒か本屋を見てまわりましたが、出版年が古いのでやはり普通の本屋では置いていないよう。
アマゾンしかないかーと考えていた時、神保町に行く用事ができてピーンときた。
あそこにならあるはず!・・でもうずたかく積まれた本の中から探すのは無理かなと、幾分消極的な気持ちで古本屋が並ぶストリートに歩いていきました。

神保町の古本屋は店じまいが早い。
夜の7時前なのに、半分くらいの店がシャッターを下ろしている。
デパートでさえ閉店時間が夜8時になり、24時間スーパーが増えても、古本屋にはなんの関係もないのね。
二十歳そこそこの頃、大人ぶった本を探しに訳も分からずウロウロした時と今も同じ時が流れている。その時間の中にいると妙に落ち着くのは、単に年を取ったからではないな。
ふとまだ灯りがついている本屋の看板を見上げると、SF、ミステリー・・専門。と書かれているではないか。
心の中で思わず「いただき♪」と言って店内に入る。
普通の本屋では新潮文庫はたくさんあっても、この創元推理文庫を置いている店自体が少ない、あるいは全く無いか。
さすがにミステリー専門店だけある。創元推理文庫がこんなに棚に並んでいるのを見るのも初めて。
アルファベット順をたどると、あったあった〜♪本を読む前に嬉しさ最高潮(笑)

帯付きビニールカバー付きで、新古品といった感じ。
翻訳は全部で何巻出ているのか分からないけど、1、2、4、5巻とある。
全部買ってしまうと、逆に本棚のコレクションになりかねないので、まずは、1、2巻。2冊を購入。(しかも半額だい。うれしー)
中でも一番読みたかった「チャイナタウン」が第1巻だったのもラッキーね。
(途中から読むのがキライ、というより出来ない。何故だろう)

28歳の中国人女性でありこのお話の主人公、探偵のリディア。
そしてパートタイムのパートナーである中年の白人(1/2アイリッシュ)探偵のビル。
NYチャイナタウンの美術館から、陶器が盗まれたところから全てが始まる。続く
posted by みみいこ at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | Love Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。