2005年01月09日

  A Beautiful World

G初詣の帰り、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されているグランマ・モーゼス展に行ってきました。
昨年、諏訪のハーモ美術館で初めてモーゼスの絵を観てから、もっと沢山の作品を観てみたいと思っていたので年明け早々なんともいい機会に恵まれました。
お正月もあけ、会場は通常の平日同様に人はまばら。
絵はやっぱりゆっくりと鑑賞するに限りますね。
そしてそういう時間ってすごく贅沢。

グランマ・モーゼスは、アメリカ人なら誰もが知っているおばあちゃん。
画家としての名声はもとより、70歳で初めて油絵の具を手にした、
80歳で初めてニューヨークで個展を開いた・・等のエピソードにまず驚くのではないでしょうか。
私もそうでした。
なので、モーゼスの描くアメリカの古きよき時代、東部の小さな農村の自然とともにある素朴で質素な暮らし・・そんな心温まる絵に惹かれると同時に、グランマ・モーゼスという女性そのものにも強く関心を持ちました。

続きを読む
posted by みみいこ at 22:03| Comment(6) | TrackBack(1) | Love Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。